Entry: main  <<前の記事 次の記事>>
ポートフォリオ2位 シュッピン(3179)の分析

0
    好調な第二四半期決算を受け、株価上昇と買い増しによりポートフォリオ2位まで上がってきたシュッピン(3179)の分析記事を書きます。
     
    市場 東証マザーズ
    時価総額 126億円
    株価 2147円
    PER 25.8
    PBR 7.1
    配当利回り 0.5%
    株主持分比率 43%
    ROE 28.0
    売上高成長率 20%

    PERから判断すれば、高い成長率を考慮してもなかなか高めの株価水準まで上がってきました。
    9月の分析記事の時点ではPER20.2で株価1680円だっただけに、結構上がってる印象を受けます。
    ただ、第二四半期決算の内容が非常によく、また同時に発表された10月の月次がこれまたいい内容でしたので、この株価水準でもまだ割安と判断して買い増しを行っています。

    10月の月次は対前年度比で135.8%、さらに利益率が高そうなインターネットサイト経由での売り上げが対前年度比142.8%と高く、今後の利益率の向上も期待できそうです。


     
    シュッピン(3179)売上&最終利益推移

    売上と利益の推移は前回分析時と変わっていません。
     
    シュッピン(3179)四半期ごとの売上&営業利益推移

    上記は四半期ごとの売り上げと営業利益の推移です。
    四半期ごとで見ても売り上げが右肩上がりという会社はそうそうないです。
    27年1Qで売り上げが落ちているのは消費税増税の反動減のためです。
    27年2Qでは見事に切り替えし、また利益の額がすごいです。

    この好調が続けば通期業績の上方修正もあるかもしれません。
    (あると考えているから買い増ししたわけではありますが。)

    あと、前回分析時に
    「順調なカメラに加えて、消費税増税による停滞が大きかった時計が復活してくれば、かなり期待が持てます。」
    と書いたのですが、第二四半期で見事に時計が復活しています。

    去年の第二四半期単独の時計の売り上げは7億、利益3000万、今年は売上11億、利益4000万ということで、それぞれ1.6倍、1.3倍増と、見事な復活ぶりです。
    金融緩和で株価も大きく上がっているので、去年の5月のように今年も今後時計がバカ売れする展開が来るんじゃないかと思っています。

    こないだシュッピンの店舗を偵察に行ったのですが、時計コーナーが店舗の1階、2階の目立つ位置に変わっていました。
    数万円〜数十万円のカメラやカメラレンズならネットで物を見ずに買う場合も結構あるかと思いますが、数十万円〜数百万円の時計を物を見ずにネットだけで買うという事はなかなかないかと思うので、店舗の目立つ位置に時計を移動させたのはいい戦略なんじゃないかと思います。

    2014年9月時点の分析記事はこちら。
    2014年2月時点の分析記事はこちら。
    2013年5月時点の分析記事はこちら。


     
    | たくどん | 06:47 | - | trackbacks(0) |

    株主優待や会社四季報などの情報はSBI証券で。口座開設の方法はこちら
    Trackback

    Category

    Link

    ネット株初心者リンク
    株主優待ブログ ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

    スポンサード リンク

    アクセスランキング

    アクセスランキング

    Calendar

         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    Profile

    twitter

    株主優待到着一覧

    2013年 株主優待到着一覧
    2014年 株主優待到着一覧

    株主優待新設一覧

    2013年 株主優待新設一覧
    2014年 株主優待新設一覧
    2015年 株主優待新設一覧

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Feed

    Others

    Mobile

    qrcode