Entry: main  <<前の記事 次の記事>>
ヨシックス(3221)の銘柄分析

0
    ポートフォリオ5位のヨシックス(3221)の銘柄分析記事を書きます。
     
    市場 ジャスダック
    時価総額 75億円
    株価 2970円
    PER 13.3
    PBR 2.7
    配当利回り 0.7%
    株主持分比率 54%
    ROE 18.4
    売上高成長率 12%

    PERは13.3で、成長もしているので株価的にも割安な水準だと思っています。

     
    ヨシックス(3221)売上&最終利益推移

    売上高は毎年右肩上がりで増えています。
    利益についてですが、2013年と2014年とで停滞しています。
    この原因についてはもう少し突っ込んで調べる必要があるのですが、不景気から好景気、デフレからインフレへの転換に伴って居酒屋にも流行の変化があり、この時期に退店や業態転換をたくさんしてコストがかかっていたことが原因の一つなのではないかと思っています。

    【新規出店・退店・業態変換の数:会社ホームページより】


    デフレ期には低価格帯の業態である「ニパチ」を、今の景気回復局面では客単価が高めの「や台ずし」を出店することで、ヨシックスはうまく世情の変化についていっているように思えます。

    「や台ずし」は2000年から、「ニパチ」は景気がどん底の2009年からはじまっている業態なのですが、不景気の時は「や台ずし」をどんどん「ニパチ」に業態転換し、好景気の今は「や台ずし」を大量出店するなど、景気の波に合わせてどんどん店舗を変えているところが面白い会社です。

    2007年に株式会社ヨシオカ建装という建築会社を吸収合併し、自社で店舗の工事ができるため、この機動的な動きが可能になっています。

    というように分析してみましたが、ヨシックスの保有は上記理由によるものではなく、ずばり優待新設狙いです。

    四季報の記事が非常にわかりやすいのですが、居酒屋を運営している会社で優待を設定していないのは現在ヨシックスと一六堂のみで、両方ともPERは13倍程度。
    それに対して居酒屋株の平均PERは60倍程度というのがすべてを物語っているかと思います。

    問題はいつ優待が新設されるか、あるいはずっとされないのかですが、こればっかりはわかりません。
     
    | たくどん | 10:00 | - | trackbacks(0) |

    株主優待や会社四季報などの情報はSBI証券で。口座開設の方法はこちら
    Trackback

    Category

    Link

    ネット株初心者リンク
    株主優待ブログ ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

    スポンサード リンク

    アクセスランキング

    アクセスランキング

    Calendar

    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    Profile

    twitter

    株主優待到着一覧

    2013年 株主優待到着一覧
    2014年 株主優待到着一覧

    株主優待新設一覧

    2013年 株主優待新設一覧
    2014年 株主優待新設一覧
    2015年 株主優待新設一覧

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Feed

    Others

    Mobile

    qrcode