Entry: main  <<前の記事 次の記事>>
GMOリサーチ(3695)の銘柄分析

0
    ポートフォリオ5位のGMOリサーチ(3695)の銘柄分析記事を書きます。
     
    市場 マザーズ
    時価総額 40億円
    株価 2430円
    PER 21.9
    PBR 3.7
    配当利回り 1.6%
    株主持分比率 63%
    ROE 16.5
    売上高成長率 22%

    PERは21.9と、これだけ見ると割安ではないですが、その高い成長性を加味すれば割安なんじゃないかと思っています。
    (これはU-NEXTの時と同じですが・・)

    あと、配当性向が40%なので、このPERでも配当利回りは1.6%と結構高めです。
    株主持ち分比率も63%と、財務的にも問題ないところがいいですね。

     
    GMOリサーチ(3695)売上&営業利益推移

    売上も営業利益も右肩上がりで上がってきており、特に問題なさそうです。
    (2012年は税負担が軽くなっているため、今回も最終利益ではなく営業利益をグラフに使いました。)

    ネット調査を行う企業にとって競争優位を築く要素は何といってもその調査対象となるパネルの量と質であり、GMOリサーチではこの調査パネルの量および質の両面での強化に取り組んでいます。

    調査パネルの量の拡大としては、アジア13ヶ国への拡大や、中国現地企業との合弁会社設立提携によるパネル数の拡大などを通じて達成しています。

    また質の強化についてですが、オンラインコミュニティによる調査(MROC)で面白い取り組みがされています。
    MROCについてはこちら

    インターネット調査といえば、調査票を作成してパネルメンバーに対してアンケート依頼をし、回答をもらい、結果を分析というのが一連の流れですが、最近はオンラインコミュニティによる調査手法が広がってきています。

    オンラインコミュニティによる調査では、1回限りの質問ではなく、特定コミュニティ上で相手の反応を見ながら何度でも質問できるため、通常のインターネット調査よりも高い効果が期待できます。

    GMOリサーチはこのオンラインコミュニティによる調査に力を入れてきており、メドピアMRTとの提携もその延長線上にあります。
    特にメドピアのような医師専用SNSではオンラインコミュニティによる調査がしやすいのではと思われます。

    GMOリサーチには中国企業との合弁会社、シンガポールおよびインドの子会社があり、海外企業からの受注活動を展開していますが、これら海外子会社3社も2014年度は収支トントン近くまで持っていけているため、2015年度は黒字化が予想されます。

     
    GMOリサーチ(3695)海外子会社売上&経常赤字推移
    上図は濃い緑がGMOリサーチ海外子会社3社合計の売上、薄い緑が経常赤字の推移ですが、売上が大きく伸び、経常赤字が減っていることが確認できます。
    (海外子会社1社目は2012年12月設立)
    2015年以降、海外子会社の利益がどんどん伸びてくれることを期待しています。
    | たくどん | 21:03 | - | trackbacks(0) |

    株主優待や会社四季報などの情報はSBI証券で。口座開設の方法はこちら
    Trackback

    Category

    Link

    ネット株初心者リンク
    株主優待ブログ ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

    スポンサード リンク

    アクセスランキング

    アクセスランキング

    Calendar

      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    Profile

    twitter

    株主優待到着一覧

    2013年 株主優待到着一覧
    2014年 株主優待到着一覧

    株主優待新設一覧

    2013年 株主優待新設一覧
    2014年 株主優待新設一覧
    2015年 株主優待新設一覧

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Feed

    Others

    Mobile

    qrcode